2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(23区編)

2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(23区編)

2017年7月に行われる都議選の情勢予想です。

 

本日は東京23区内の選挙区を予想します。

 

 

注:この予想は6/15時点での予想です。当サイトの最終議席予想はこちら

 

 

千代田区(定数1)

 

都議会のドンと言われた内田茂氏の選挙区だが、内田氏は引退を表明。

 

自民党は若い女性候補の中村あや氏を擁立し、都民ファーストは樋口高顕氏を擁立する。

 

都民ファーストの樋口氏が勝利と予想。

 

 

中央区(定数1)

 

前回は自民党が立石晴康氏を擁立し、大勝。

 

今回は前回みんなの党から出馬して2位だった石島秀起氏を擁立する。

 

都民ファーストは西郷あゆ美を擁立。西郷氏が石島氏に競り勝つと予想。

 

 

港区(定数2)

 

前回は自民党が菅野弘一氏と来代勝彦氏が出馬し、2議席を独占。

 

今回は都民ファーストが入江伸子氏を擁立。

 

都民ファーストの入江氏と自民党の菅野氏が議席を分け合うと予想。

 

 

新宿区(定数4)

 

前回は自民2、公明1、共産1と4議席を分け合った。

 

自民党は今回、秋田一郎氏と大門幸恵氏を擁立する。

 

 

都民ファーストは森口つかさ氏を擁立する。

 

今回は都民ファースト1、自民1、公明1、共産1と分け合うと予想。

 

自民党は現職の秋田氏の方が有利か。

 

 

文京区(定数2)

 

前回は自民党の中屋文孝氏と共産党の小竹紘子氏が2議席を分け合った。

 

今回は自民党は再び中屋氏が出馬し、都民ファーストは民進からの離党組の増子博樹氏が出馬予定。

 

今回は都民ファーストと自民党が議席を分け合うと予想。

 

 

台東区(定数2)

 

前回は自民党の服部征夫氏と民主党の中山寛進氏が議席を分け合った。

 

今回自民党は和泉浩司氏を擁立予定で、都民ファーストは台東区議の保坂真宏氏が出馬予定。

 

民進党を離党し無所属で出馬する中山氏と共産党の小柳茂氏も絡んできそうだが、ここも都民ファーストと自民党で分け合うと予想。

 

 

墨田区(定数3)

 

前回は自民党が2議席、公明党が1議席を獲得。

 

今回は現職3人に加え、都民ファーストが成清梨沙子氏を擁立する。

 

自民党が2議席を守り切るのは厳しく、都民、自民、公明が1議席ずつ分け合うと予想。

 

 

江東区(定数4)

 

前回は自民、公明、みんな、共産が4議席を分け合った。

 

みんなの党から当選した野上幸絵氏は現在民進党に移ったが、民進党の公認は大沢昇氏となった。

 

 

自民、民進、公明、共産に都民ファーストを加えた5党から1党がはじき出される構図となるが、おそらくはじき出されるのは民進党か。

 

離党ドミノが続く民進党は情勢が厳しいだろう。

 

 

品川区(定数4)

 

前回は自民党が上位2位を独占。3位に公明党、4位に共産党が入った。

 

今回は都民ファーストが山内晃氏と森澤恭子氏を擁立する。

 

自民党が2議席を守ることは厳しく、都民、自民、公明までは有力。

 

 

残る1議席を民進と共産が争うが前回2人擁立して共倒れした民進が今回一人に候補者を絞るため、票数では共産党を上回る。

 

民進の阿部祐美子氏が競り勝ち、都民、自民、公明、民進で分け合うと予想。

 

 

目黒区(定数3)

 

前回は公明党が1位で自民党が2位、3位と国政与党が3議席を独占。

 

そして今回は前回民主党から出て4位で落選した伊藤悠氏が民進党を離党し、都民ファーストから立候補予定となっている。

 

 

自民党が2議席を守るのは非常に厳しく、共倒れの危険もないとは言えない。

 

その場合は共産党が漁夫の利を得ることになるが、おそらく都民、公明、自民という結果になるだろう。

 

 

大田区(定数8)

 

前回は定数8を自民3、公明2、民主1、共産1、維新1と分け合った。

 

都民ファーストは民進党離党組の森愛氏を擁立し、さらに栗下善行氏を擁立する。

 

 

都民ファーストは2議席獲得し、自民党は1議席減らしての2議席。

 

公明党も手堅く2議席を獲得し、民進と共産が1議席ずつと予想。

 

 

世田谷区(定数8)

 

大田区と並ぶ最大定数の世田谷区は前回1位から3位までを自民が独占。

 

4位、5位に公明が続き、みんな、共産、生活者ネットと続いた。

 

 

公明は今回候補者を一人に絞り、都民ファーストは福島理恵子氏と木村基成氏を擁立する。

 

今回は一人に絞った公明がトップを取り、自民が2議席、都民ファーストが2議席、民進、共産、生活者ネットが1議席ずつと予想。

 

 

渋谷区(定数2)

 

前回は自民党と無所属で立正佼成会の大津浩子氏が当選。

 

今回は都民ファーストが元アナウンサーの龍円愛梨氏を擁立する。

 

 

都民ファーストの当選は確実と思われ、残り1議席を自民党の前田和茂氏と大津浩子氏が争う。

 

激戦が予想されるが、党の地力の差で自民党の前田氏が接戦を制するか。

 

 

中野区(定数3)

 

前回自民、公明、民主、共産が4議席を分け合った中野区は今回定数が減り3議席となる。

 

自民党の川井重勇氏が地盤が固く、都民ファーストの会の荒木千陽氏も議席を確実に確保するだろう。

 

 

最後の1議席は公明と民進の熾烈な争いが予想されるが、公明が底力を見せて3位に滑り込むと予想。

 

 

杉並区(定数6)

 

前回は自民党が1位、2位を独占し、共産、公明、みんな、生活者ネットと続いた。

 

今回は都民ファーストが茜ヶ久保嘉代子氏と鳥居宏右氏の二人を擁立する。

 

 

前回共倒れに終わった民進党は今回も2人擁立。

 

ただ民進としては1人に絞った方が1議席を手堅く確保できそうという考えもあったか。

 

 

自民1、都民1、共産1、公明1までは固く、残りの2議席を自民、都民、民進、生活者ネットで争いそう。

 

都民と民進が最後の2議席を確保し、都民2、自民1、民進1、共産1、公明1になると予想。

 

 

豊島区(定数3)

 

前回は自民、公明、共産が3議席を分け合った。

 

今回は都民ファーストが本橋弘隆氏を擁立し、元々小池百合子知事の選挙区でもあったことから圧勝するだろう。

 

残り2議席は手堅く自民と公明が確保すると思われる。

 

 

北区(定数3)

 

前回は自民、公明、共産、みんなが4議席を分け合ったが、今回から定数削減により3議席の争いとなる。

 

前回みんなの党から出馬した音喜多駿氏は都民ファーストから出馬予定。メディアにも多く出演しており当選は確実だろう。

 

 

残り2議席を自民、公明、共産が争う構図になるが、固い支持基盤を持つ公明は安定して議席を確保するだろう。

 

自民と共産の争いでは基礎票では自民が有利だが勢いは衰えつつある。

 

しかし僅差で自民が逃げ切り、都民、公明、自民という順位になると予想。

 

 

荒川区(定数2)

 

前回は自民と公明が3位にダブルスコアに近い差をつけて圧勝した。

 

今回は都民ファーストが滝口学氏を推薦し、小池人気の勢いからして当選は確実と思われる。

 

 

ということはここは自民対公明で1議席を争う直接対決となる。

 

僅差の争いが予想されるが、荒川区は創価学会の勢力が強く、公明党が残り1議席を獲得すると予想。

 

 

板橋区(定数5)

 

前回は自民2、公明1、共産1、みんな1という結果となった。

 

都民ファーストは長友佑都氏のアモーレ、平愛梨氏の弟である平慶翔氏を擁立し、2人目に木下富美子氏を擁立。

 

自民は2議席死守したいところだが守り切れるかという戦いになる。

 

 

都民1、自民1、公明、共産1までは確実と思われ、残り1議席を自民、都民、民進が争うこととなる。

 

最後の1議席争いは接戦が予想されるが、保守が強い板橋区だけに自民党が制して2議席を獲得すると予想。

 

 

練馬区(定数6)

 

前回は自民党が定数6のうち3人当選させるという見事な票割を見せ、残り3議席を公明、共産、民主が分け合った。

 

都民ファーストは尾島紘平氏と村松一希氏の2人を擁立し、2人とも通せる勢いがある。

 

 

自民は前回5位の高橋和実氏が引退するが、今回は後継を探さずに2人擁立で2人通すことを目標にするのが無難だろう。

 

都民2、自民2、公明1、共産1と予想。

 

 

足立区(定数6)

 

前回は自民2、公明2、共産1、民主1という結果だった。

 

都民ファーストは馬場信男氏と後藤奈美氏を擁立する。

 

 

公明や共産が強い地域なので公明2、共産1は今回もきっちり確保することが予想され、自民2、都民2、民進1が残りの3議席を争うことになる。

 

民進は前回もギリギリの6位当選と苦戦を強いられており、今回もかなり厳しいか。

 

 

自民と都民ファーストのどちらが2議席確保できるかという勝負になりそうだが、ここも勢いを加味して都民が2議席確保するか。

 

都民2、公明2、自民1、共産1と予想。

 

 

葛飾区(定数4)

 

前回は自民2、公明1、共産1という結果であった。

 

都民ファーストは米川大二郎氏を擁立し、当選はほぼ確実。

 

 

公明も確実に議席を確保しそうで、自民2人と共産が残り2議席を争う情勢にある。

 

前回は自民の2人が2人とも共産を上回ったが、今回は自民票が都民ファーストに削られること、共産党が手堅い票があることから、共産が自民の1人を上回ってもおかしくない。

 

都民1、自民1、公明1、共産1と予想。

 

 

江戸川区(定数5)

 

前回は自民2、公明1、みんな1、共産1という結果で2人擁立した民主党は共倒れした。

 

今回は都民ファーストが上田令子氏と田之上郁子氏を擁立し、2人通せる情勢にある。

 

 

前回1位の公明も当選は確実で、残り2議席は自民2人と共産1人の争い。

 

前回の票では自民党の2人は大幅に共産の票を上回っており、今回も自民党は2人通せる可能性は十分。

 

都民2、自民2、公明1と予想。

 

 

東京都議選23区 情勢予想まとめ

 

千代田区:都民
中央区:都民
港区:都民、自民
新宿区:都民、自民、公明、共産
文京区:都民、自民
台東区:都民、自民
墨田区:都民、自民、公明
江東区:都民、自民、公明、共産
品川区:都民、自民、公明、民進
目黒区:都民、自民、公明
大田区:都民2、自民2、公明2、民進、共産
世田谷区:都民2、自民2、公明、民進、共産、ネット
渋谷区:都民、自民
中野区:都民、自民、公明
杉並区:都民2、自民、公明、民進、共産
豊島区:都民、自民、公明

北区:都民、自民、公明
荒川区:都民、公明
板橋区:都民、自民2、公明、共産
練馬区:都民2、自民2、公明、共産
足立区:都民2、自民、公明2、共産
葛飾区:都民、自民、公明、共産
江戸川区:都民2、自民2、公明

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2017年東京都議選分析 都民ファースト圧勝と自民惨敗の原因
都民ファーストが圧勝、自民党と民進党が惨敗、公明党、共産党は堅調という結果でした。都民ファースト圧勝、自民党が惨敗、共産党が漁夫の利を得るというトレンド自体は読めていたのですが、その程度が予想よりはるかに大きかったですね。
2017年東京都議会議員選挙最終議席予想
いよいよ東京都議会議員選挙も最終盤に突入してきました。各紙メディアの終盤情勢も出揃いましたので、その終盤情勢報道も加味した当サイトの最終獲得議席予想を発表します。まず全体の流れとしては公示以降に豊田議員の秘書に対する暴言暴行問題であったり、稲田防衛大臣の失言であったりと、自民党に対して逆風が吹いています。
2017年東京都議会議員選挙立候補予定者一覧
2017年7月2日に投開票が行われる東京都議選の立候補予定者一覧をまとめました。
2017年東京都議選情勢予想まとめ
過去二回の記事で予想した東京都議選の情勢予想まとめです。千代田区:都民中央区:都民港区:都民、自民新宿区:都民、自民、公明、共産文京区:都民、自民
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(市町村編)
八王子市-前回は公明党がきっちり1位通過し、自民党が2議席を確保、残り2議席を共産党とみんなの党が分け合った。今回は都民ファーストが両角みのる氏を擁立し、当選は確実。公明、共産も手堅く1議席を確保し、残り2議席を自民二人と民進が争う構図になる。
2016年新潟県知事選の情勢と予想
10月16日に投開票が予定されている新潟県知事選の情勢と予想です。まずはこれまでの経緯をまとめますと、2012年の新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏が自民・民主・公明・社民・生活と主要政党から推薦を受け、共産党推薦の樋渡士自夫氏、無所属のマック赤坂氏を破って3選。
2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査
都知事選の中盤情勢が各紙マスコミで発表されました。小池氏が以前リードを保っており、増田氏が鳥越氏を抜いて二位に浮上しているのが各紙の共通した特徴と言えます。
2016年都知事選 マスコミの序盤情勢
共同通信は小池氏と鳥越氏が競り合い。競り合いの場合は名前が最初に出ている方が若干リードというのが定説ですので、小池氏若干リードという結果が出ていることになります。フジテレビでは小池氏が一歩リードとはっきり出しています。
2016都知事選最新情勢-予想第2弾
いよいよ都知事選が公示されました。今回はこれまでで最多の21人が立候補を届け出ました。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏を軸に選挙戦が展開されると見られています。本日は公示後の序盤情勢を予想します。
2016年東京都知事選候補者一覧と政策
都知事選の立候補者と各候補者のプロフィール、政策をまとめました。
2016都知事選最新情勢-予想第1弾
7/31投開票予定で行われる東京都知事選。本日小池百合子氏が出馬会見を行いました。自民党の推薦を得ることは難しいと考えた上での強行出馬ということで、自民党の分裂選挙になる可能性が出てきています。