2018年沖縄県知事選の情勢と予想

2018年沖縄県知事選の情勢と予想

翁長雄志前知事の死去に伴う沖縄県知事選が9月13日告示・30日投開票という日程で行われます。

 

国政与党が支持する佐喜眞淳氏と、いわゆるオール沖縄が支持する玉城デニー氏の事実上の一騎討ちと言われていますが、その情勢を見ていき、結果を予想していきます。

 

まず前回の県知事選の得票数をおさらいしましょう。

 

 

翁長雄志 360,820票
仲井眞弘多 261,076票
下地幹郎 69,447票
喜納昌吉 7,821票

 

 

前回の翁長氏と仲井眞氏との差は約10万票。

 

この10万票差がひっくり返るかどうかというのが事実上の勝敗を分けるポイントになります。

 

 

前回との差

 

前回に比べると国政与党側が支持する佐喜眞淳氏に有利な点が多く見えてきます。

 

 

・前回自主投票だった公明党が今回は佐喜眞氏支持

 

・前回出馬した下地氏が今回は佐喜眞氏を支持

 

・かりゆしグループがオール沖縄から離脱

 

・18歳選挙権の導入で若者の比率が上がった

 

 

以上のような材料から佐喜眞氏は前回の仲井眞氏と比べても票を積み増すことが予想されます。

 

 

公明党の2017年衆院選における比例票は約10万票。

 

これが自主投票だった前回は5:5、佐喜眞氏推薦の今回は7:3くらいに割れると仮定すると前回と比べて差は4万票詰まります。

 

さらに前回の下地氏の約7万票が佐喜眞氏に5万、玉城氏に2万くらいの割合で割れるとしたらさらに3万票詰まる。

 

 

残りの佐喜眞氏に有利な2項目や玉城氏より早く選挙準備を進めていたことなども加味すれば前回の10万票差はひっくり返しうる差に思えます。

 

 

佐喜眞氏は26万票からどこまで上乗せできるかという戦い。

 

玉城氏は36万票からどこまで下げ幅を抑えられるかという戦いになるでしょう。

 

 

勝敗予想

 

佐喜眞氏の上乗せと玉城氏の減少をそれぞれ考えると、おそらく両者とも30万票台前半の勝負になりそう。

 

条件的には佐喜眞氏の方が有利に見えますが、玉城氏の方はなんといっても弔い合戦という強みがある。

 

弔い合戦という県民感情は侮りがたく、玉城氏がやや有利かというのが私の予想です。

 

 

地道に票を積み重ねる地上戦を展開する佐喜眞氏と弔い合戦、翁長氏の後継ということをアピールし空中戦を戦う玉城氏という構図になります。

 

また、新潟県知事選や名護市長選では事前世論調査では野党陣営がリードしていましたが、確実な地上戦を繰り広げた与党陣営が最後に勝ち切りました。

 

佐喜眞氏がしっかりと票を積み重ねて、最後に差し切るという展開も十分考えられます。

 

 

どちらが勝つにしてもおそらく接戦。

 

また基地問題を始め、今後の政局を大きく左右する今年最も重要と言って差し支えない選挙です。

 

選挙戦はまだ始まったばかりですし、情勢は日に日に変化していきます。

 

今後の情勢変化を注視していきましょう。

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2017年東京都議選分析 都民ファースト圧勝と自民惨敗の原因
都民ファーストが圧勝、自民党と民進党が惨敗、公明党、共産党は堅調という結果でした。都民ファースト圧勝、自民党が惨敗、共産党が漁夫の利を得るというトレンド自体は読めていたのですが、その程度が予想よりはるかに大きかったですね。
2017年東京都議会議員選挙最終議席予想
いよいよ東京都議会議員選挙も最終盤に突入してきました。各紙メディアの終盤情勢も出揃いましたので、その終盤情勢報道も加味した当サイトの最終獲得議席予想を発表します。まず全体の流れとしては公示以降に豊田議員の秘書に対する暴言暴行問題であったり、稲田防衛大臣の失言であったりと、自民党に対して逆風が吹いています。
2017年東京都議会議員選挙立候補予定者一覧
2017年7月2日に投開票が行われる東京都議選の立候補予定者一覧をまとめました。
2017年東京都議選情勢予想まとめ
過去二回の記事で予想した東京都議選の情勢予想まとめです。千代田区:都民中央区:都民港区:都民、自民新宿区:都民、自民、公明、共産文京区:都民、自民
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(市町村編)
八王子市-前回は公明党がきっちり1位通過し、自民党が2議席を確保、残り2議席を共産党とみんなの党が分け合った。今回は都民ファーストが両角みのる氏を擁立し、当選は確実。公明、共産も手堅く1議席を確保し、残り2議席を自民二人と民進が争う構図になる。
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(23区編)
千代田区-都議会のドンと言われた内田茂氏の選挙区だが、内田氏は引退を表明。自民党は若い女性候補の中村あや氏を擁立し、都民ファーストは樋口高顕氏を擁立する。都民ファーストの樋口氏が大勝と予想。
2016年新潟県知事選の情勢と予想
10月16日に投開票が予定されている新潟県知事選の情勢と予想です。まずはこれまでの経緯をまとめますと、2012年の新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏が自民・民主・公明・社民・生活と主要政党から推薦を受け、共産党推薦の樋渡士自夫氏、無所属のマック赤坂氏を破って3選。
2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査
都知事選の中盤情勢が各紙マスコミで発表されました。小池氏が以前リードを保っており、増田氏が鳥越氏を抜いて二位に浮上しているのが各紙の共通した特徴と言えます。
2016年都知事選 マスコミの序盤情勢
共同通信は小池氏と鳥越氏が競り合い。競り合いの場合は名前が最初に出ている方が若干リードというのが定説ですので、小池氏若干リードという結果が出ていることになります。フジテレビでは小池氏が一歩リードとはっきり出しています。
2016都知事選最新情勢-予想第2弾
いよいよ都知事選が公示されました。今回はこれまでで最多の21人が立候補を届け出ました。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏を軸に選挙戦が展開されると見られています。本日は公示後の序盤情勢を予想します。
2016年東京都知事選候補者一覧と政策
都知事選の立候補者と各候補者のプロフィール、政策をまとめました。
2016都知事選最新情勢-予想第1弾
7/31投開票予定で行われる東京都知事選。本日小池百合子氏が出馬会見を行いました。自民党の推薦を得ることは難しいと考えた上での強行出馬ということで、自民党の分裂選挙になる可能性が出てきています。