2016都知事選最新情勢-予想第1弾

2016都知事選最新情勢-予想第1弾

7/31投開票予定で行われる東京都知事選。

 

本日小池百合子氏が出馬会見を行いました。

 

自民党の推薦を得ることは難しいと考えた上での強行出馬ということで、自民党の分裂選挙になる可能性が出てきています。

 

 

自民党は増田寛也氏の擁立を目指しています。

 

しかし増田氏が正式に出馬するかはまだ未定。

 

小池氏との分裂選挙になった時に勝ち目がないと考えたら増田氏は出馬をしない可能性もあります。

 

増田氏が出馬するなら分裂選挙。増田氏が出馬しないなら自民は自主投票ということになるのでしょうか。

 

 

野党側の候補者

 

一方で民進は長島昭久氏を軸に考えているとのこと。

 

長島氏は良い候補だと思いますが、都知事選でも野党共闘の枠組みでと言っていた共産党が長島氏に乗れるかという問題があります。

 

もし共産党が長島氏に乗れなかったら共産党は独自候補擁立か自主投票ということになります。

 

自主投票なら問題ないですが、もし別の候補を立ててきたら「おいおい野党共闘を主張してるくせに自分たちが気に入らない候補には対立候補立てるのかよ」ということになりますので、今後の国政にも影響してきそうです。

 

共産党が自主候補を立てるとしたら前回都知事選で二位だった宇都宮健児氏が有力でしょう。

 

 

現在の情勢下でありえそうな候補者パターン

 

以上の状況をまとめると、現在の情勢下でありえそうな構図は

 

1:小池氏(無所属)VS増田氏(自民推薦)VS長島氏(民進推薦)VS宇都宮氏(共産党推薦)

 

2:小池氏(無所属)VS増田氏(自民推薦)VS長島氏(民進推薦)

 

3:小池氏(無所属)VS長島氏(民進推薦)VS宇都宮氏(共産推薦)

 

4:小池氏(無所属)VS長島氏(民進推薦)

 

この4パターンかなと思います。

 

 

1パターンでは誰が勝つかはまったく予想がつきません。

 

2、3、4なら小池氏が有利かなと思います。

 

 

ただ東国原英夫氏、石田純一氏、鳥越俊太郎氏の出馬も噂されています。

 

著名人が出馬してくるなら情勢が一変する可能性もあります。

 

また参院選後に蓮舫氏が出馬してくるという可能性もゼロとは言い切れません。

 

このあたりはまた参院選後が終わった後に構図がはっきりしてくるでしょう。

 

 

その他の立候補予定者

 

なお都知事選には下記9名も出馬を表明しています。

 

マック赤坂
中川暢三
桜井誠
河野充喜
河野憲二
今尾貞夫
山口敏夫
立花孝志
山口節生

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2017年東京都議選分析 都民ファースト圧勝と自民惨敗の原因
都民ファーストが圧勝、自民党と民進党が惨敗、公明党、共産党は堅調という結果でした。都民ファースト圧勝、自民党が惨敗、共産党が漁夫の利を得るというトレンド自体は読めていたのですが、その程度が予想よりはるかに大きかったですね。
2017年東京都議会議員選挙最終議席予想
いよいよ東京都議会議員選挙も最終盤に突入してきました。各紙メディアの終盤情勢も出揃いましたので、その終盤情勢報道も加味した当サイトの最終獲得議席予想を発表します。まず全体の流れとしては公示以降に豊田議員の秘書に対する暴言暴行問題であったり、稲田防衛大臣の失言であったりと、自民党に対して逆風が吹いています。
2017年東京都議会議員選挙立候補予定者一覧
2017年7月2日に投開票が行われる東京都議選の立候補予定者一覧をまとめました。
2017年東京都議選情勢予想まとめ
過去二回の記事で予想した東京都議選の情勢予想まとめです。千代田区:都民中央区:都民港区:都民、自民新宿区:都民、自民、公明、共産文京区:都民、自民
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(市町村編)
八王子市-前回は公明党がきっちり1位通過し、自民党が2議席を確保、残り2議席を共産党とみんなの党が分け合った。今回は都民ファーストが両角みのる氏を擁立し、当選は確実。公明、共産も手堅く1議席を確保し、残り2議席を自民二人と民進が争う構図になる。
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(23区編)
千代田区-都議会のドンと言われた内田茂氏の選挙区だが、内田氏は引退を表明。自民党は若い女性候補の中村あや氏を擁立し、都民ファーストは樋口高顕氏を擁立する。都民ファーストの樋口氏が大勝と予想。
2016年新潟県知事選の情勢と予想
10月16日に投開票が予定されている新潟県知事選の情勢と予想です。まずはこれまでの経緯をまとめますと、2012年の新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏が自民・民主・公明・社民・生活と主要政党から推薦を受け、共産党推薦の樋渡士自夫氏、無所属のマック赤坂氏を破って3選。
2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査
都知事選の中盤情勢が各紙マスコミで発表されました。小池氏が以前リードを保っており、増田氏が鳥越氏を抜いて二位に浮上しているのが各紙の共通した特徴と言えます。
2016年都知事選 マスコミの序盤情勢
共同通信は小池氏と鳥越氏が競り合い。競り合いの場合は名前が最初に出ている方が若干リードというのが定説ですので、小池氏若干リードという結果が出ていることになります。フジテレビでは小池氏が一歩リードとはっきり出しています。
2016都知事選最新情勢-予想第2弾
いよいよ都知事選が公示されました。今回はこれまでで最多の21人が立候補を届け出ました。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏を軸に選挙戦が展開されると見られています。本日は公示後の序盤情勢を予想します。
2016年東京都知事選候補者一覧と政策
都知事選の立候補者と各候補者のプロフィール、政策をまとめました。