2016年東京都知事選候補者一覧と政策

2016年東京都知事選候補者一覧と政策

都知事選の立候補者と各候補者のプロフィール、主張・政策・公約をまとめました。

 

 

小池百合子(無所属・元防衛大臣、環境大臣、内閣府特命担当大臣)

 

・都議会の冒頭解散

 

・利権追及チームの創設

 

・舛添氏問題に対する第三者委員会の設置

 

・韓国人学校は白紙し保育所に

 

・女性の力をもっと活かしていく。どんな人でも役割を発揮できるダイバーシティの実現

 

・防衛大臣の経験を活かして大規模災害時の具体的な避難計画の策定

 

・任期は3年半

 

https://www.yuriko.or.jp/senkyo/kouyaku.pdf

 

 

増田寛也(無所属・自民党公明党日本のこころ推薦・前岩手県知事、元総務大臣)

 

・8000人にのぼる待機児童問題などの「子育てについて不安」

 

・介護施設の不足など「高齢化社会への不安」

 

・30年以内に70%以上の確率で発生するとされる首都直下地震対策など「災害への不安」

 

以上3つの不安の解消に取り組む。韓国人学校への都有地の貸し出し問題は白紙

 

http://www.h-masuda.net/policy.html

 

 

鳥越俊太郎(野党4党統一候補・タレント、ジャーナリスト)

 

・住んでよし、働いてよし、環境によしと、この3つのよしを持つ東京都の実現

 

・待機児童問題、少子高齢化問題にお金を使っていく

 

・戦争を知る時代の端くれとして憲法改正について考えていく

 

http://www.shuntorigoe.com/pg_tochiji.html

 

 

桜井誠(無所属・前在日特権を許さない市民の会会長)

 

・都内在住の外国人への生活保護費支給を停止し、受給者を日本国民に限定する

 

・都内の不法残留者を4年間で半減させる

 

・日本人に対して行われる反日ヘイトスピーチ禁止条例の制定

 

・朝鮮総連、民団施設への課税強化

 

・パチンコに対しては「違法賭博」と断じ、営業時間の短縮や新規出店を認めない

 

・舛添氏が進めていた韓国人学校の増設の中止、代わりに保育所を建設して待機児童ゼロを目指す。

 

・コンパクトな東京五輪の実施

 

http://www.tosyukai.net/policy.html

 

 

マック赤坂(スマイル党・セラピスト)

 

・東京スマイル大学の創設

 

・歩行者天国をスマイルで歩いた人に3万円商品券贈呈

 

・後楽園内にスマイルランドの創設

 

・東京都のシンボルマークのイチョウをスマイルマークに変更

 

http://smileparty.info/election.html

 

 

中川暢三(無所属・前兵庫県加西市長)

 

・分権の推進と執行体制の強化

 

・減税と公共資産の活用

 

・新たな発想と技術で行政のイノベーション

 

・環境首都の新たなグランドデザイン

 

・次世代に手厚く 高齢世代には安心を

 

・議会改革と開かれた都政

 

・江戸城天守閣の再建

 

http://chozo.info/policy/tokyogovernor/

 

 

山口敏夫(国民主権の会・元労働大臣)

 

・東京五輪への浪費を止める

 

・森喜朗会長の更迭

 

・知事報酬の減額

 

・男女の賃金格差是正

 

 

立花孝志(NHKから国民を守る党・千葉県船橋市議会議員)

 

・NHKから被害を受ける人を無くす

 

・イラネッチケー裁判の判決、ワンセグ裁判の判決を多くの人に知ってもらうために出馬

 

 

高橋尚吾(無所属・元コールセンター勤務)

 

・政争が主体となっている政党政治から、政治行政を私達の手に取り戻す。

 

・少子化問題を解決する。

 

・放置され続けた多くの社会問題に取り組む。

 

・上記の公約の実施の前提となる災害対策

 

・政治の根本課題である、表現の自由を徹底的に守り抜く東京都

 

・オリンピック・パラリンピック準備運営の健全化

 

http://ameblo.jp/shogotakahashi-tosei/entry-12178165121.html

 

 

上杉隆(無所属・元ジャーナリスト)

 

・知事給与、月額146万円全額返上

 

・首都直下型地震に備えて最低限の防災グッズを配布

 

・認定保育園の空いている部屋に幼稚園を作り待機児童をゼロに

 

・地方法人税の再配分を凍結

 

http://uesugitakashi.com/pledge.html

 

 

谷山雄二朗(無所属・国際映像配信会社社長)

 

・梅だ米軍基地を返還させ、第3の国際空港を作る

 

・都立のインターナショナルスクールを20校新設する

 

・都内全ての公立小学校に保育所を併設する

 

・エコロジーで楽しい路面電車を復活させる

 

・羽田空港を完全24時間化

 

・TOKYO BABY BONUS制度の導入

 

・「アニメウッド」をつくる

 

・副都知事は、18歳が一人。20代が一人。30代が一人。40代が一人

 

http://yujirotaniyama.com/Great-Tokyo.html

 

 

後藤輝樹(無所属・自営業)

 

・千代田市構想を実現する(千代田区が自由に使える予算を増やす)

 

・千代田区を23区一住みやすい街、教育環境が整っている街にする

 

・江戸城天守閣を復元し、そこを皇室警護所にする

 

・秋葉原をオタク文化・電気街の世界的聖地にする

 

・神田神保町を世界的な書店街にする

 

・神田小川町を世界的なスポーツ用品店街にする

 

・千代田区民の最低賃金を1000円以上にする

 

・靖国神社を100%肯定し、断固護持する

 

・江戸天下祭を世界に広める

 

http://gototeruki.web.fc2.com/tokyotochiyodaku.html

 

 

・七海ひろこ(幸福実現党・元通信会社社員)

 

・経済的にも、精神的にも、世界一リッチな都市・東京の実現

 

・家族でも、一人でも、育てやすい、住みやすい都市・東京の実現

 

・24時間ときめくことができる都市・東京の実現

 

http://nanami-hiroko.net/policy/

 

 

山中雅明(未来創造経営実践党・税理士)

 

・庶民感覚で未来創造都政の実践を目指す。民間人登用制度の確立

 

・未来を創造できる中小・零細企業を育成・支援

 

・東京五輪の市民運営ボランティア組織の早期育成、公共施設の早期充実

 

・観光都市・大東京宣言を策定。海上交通の充実を図る

 

・安心・安全都市東京を目指す。シルバー人材の積極的活用。

 

http://mirai-souzou.jp/wp/active/2016-tochiji/%e5%b1%b1%e4%b8%ad%e9%9b%85%e6%98%8e%e3%80%80%e9%81%b8%e6%8c%99%e5%85%ac%e7%b4%84/

 

 

その他の候補者

 

以下の候補者はホームページなどでの具体的な公約発表は見つかりませんでした。発表されましたら加筆致します。

 

・今尾貞夫(無所属・泌尿器科医)
・岸本雅吉(無所属・歯科医師)
・関口安弘(無所属・ビルメンテナンス業)
・宮崎正弘(無所属・日本大学教授)
・望月義彦(無所属・ソフトウェア開発会社社長)
・武井直子(無所属・元学習塾講師)
・内藤久遠(無所属・化学プラント社員)

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2017年東京都議会議員選挙最終議席予想
地方選分析
2017年東京都議会議員選挙立候補予定者一覧
2017年7月2日に投開票が行われる東京都議選の立候補予定者一覧をまとめました。
2017年東京都議選情勢予想まとめ
過去二回の記事で予想した東京都議選の情勢予想まとめです。千代田区:都民中央区:都民港区:都民、自民新宿区:都民、自民、公明、共産文京区:都民、自民
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(市町村編)
八王子市-前回は公明党がきっちり1位通過し、自民党が2議席を確保、残り2議席を共産党とみんなの党が分け合った。今回は都民ファーストが両角みのる氏を擁立し、当選は確実。公明、共産も手堅く1議席を確保し、残り2議席を自民二人と民進が争う構図になる。
2017年東京都議会議員選挙情勢と予想(23区編)
千代田区-都議会のドンと言われた内田茂氏の選挙区だが、内田氏は引退を表明。自民党は若い女性候補の中村あや氏を擁立し、都民ファーストは樋口高顕氏を擁立する。都民ファーストの樋口氏が大勝と予想。
2016年新潟県知事選の情勢と予想
10月16日に投開票が予定されている新潟県知事選の情勢と予想です。まずはこれまでの経緯をまとめますと、2012年の新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏が自民・民主・公明・社民・生活と主要政党から推薦を受け、共産党推薦の樋渡士自夫氏、無所属のマック赤坂氏を破って3選。
2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査
都知事選の中盤情勢が各紙マスコミで発表されました。小池氏が以前リードを保っており、増田氏が鳥越氏を抜いて二位に浮上しているのが各紙の共通した特徴と言えます。
2016年都知事選 マスコミの序盤情勢
共同通信は小池氏と鳥越氏が競り合い。競り合いの場合は名前が最初に出ている方が若干リードというのが定説ですので、小池氏若干リードという結果が出ていることになります。フジテレビでは小池氏が一歩リードとはっきり出しています。
2016都知事選最新情勢-予想第2弾
いよいよ都知事選が公示されました。今回はこれまでで最多の21人が立候補を届け出ました。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏を軸に選挙戦が展開されると見られています。本日は公示後の序盤情勢を予想します。
2016都知事選最新情勢-予想第1弾
7/31投開票予定で行われる東京都知事選。本日小池百合子氏が出馬会見を行いました。自民党の推薦を得ることは難しいと考えた上での強行出馬ということで、自民党の分裂選挙になる可能性が出てきています。