2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査

2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査

都知事選の中盤情勢が各紙マスコミで発表されました。

 

小池氏が以前リードを保っており、増田氏が鳥越氏を抜いて二位に浮上しているのが各紙の共通した特徴と言えます。

 

 

読売新聞 小池・増田氏競り合い、鳥越氏が追う

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160723-00050117-yom-pol

 

 

JX通信 小池氏やや先行、増田氏・鳥越氏追う

 

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoneshigekatsuhiro/20160724-00060314/

 

 

日本経済新聞 都知事選、小池氏先頭に終盤なお接戦

 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS24H25_U6A720C1MM8000/

 

 

産経新聞 小池百合子氏リード保つ 追う増田寛也氏、伸び悩む鳥越俊太郎氏

 

http://www.sankei.com/politics/news/160724/plt1607240020-n1.html

 

 

共同通信 都知事選、小池氏が優勢

 

http://this.kiji.is/129881240394466812

 

 

JNN 都知事選JNN調査、小池氏を増田氏が追う展開

 

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2828859.htm

 

 

毎日新聞 <都知事選>小池氏リード 増田氏、鳥越氏追う

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-00000045-mai-soci

 

 

全紙を総合した結論

 

全てを総合してみると小池氏>増田氏>鳥越氏という順番は間違いなく、また各候補者の間もそれなりに空いているように見えます。

 

 

情勢判断には控えめな読売新聞が鳥越氏だけ遅れているような報道を出しているので、鳥越氏はかなり厳しくなっています。

 

これはスキャンダルの影響もあるでしょうし、街頭演説の少なさや他候補に比べて政策面が弱いということもあるでしょう。

 

知名度があるのはたしかに有利ですが、知名度があるだけでも勝てないという有権者のシビアな判断でしょうか。

 

 

増田氏は序盤情勢から鳥越氏を逆転しました。

 

序盤戦は知名度がなく、組織票頼みでしたが、地道に選挙戦を進めるうちに政策や人柄が伝わったということでしょう。

 

 

あとは小池氏が逃げ切れるか、増田氏が捉えられるかという勝負になってきました。

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2016年新潟県知事選の情勢と予想
10月16日に投開票が予定されている新潟県知事選の情勢と予想です。まずはこれまでの経緯をまとめますと、2012年の新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏が自民・民主・公明・社民・生活と主要政党から推薦を受け、共産党推薦の樋渡士自夫氏、無所属のマック赤坂氏を破って3選。
2016年都知事選 マスコミの序盤情勢
共同通信は小池氏と鳥越氏が競り合い。競り合いの場合は名前が最初に出ている方が若干リードというのが定説ですので、小池氏若干リードという結果が出ていることになります。フジテレビでは小池氏が一歩リードとはっきり出しています。
2016都知事選最新情勢-予想第2弾
いよいよ都知事選が公示されました。今回はこれまでで最多の21人が立候補を届け出ました。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏を軸に選挙戦が展開されると見られています。本日は公示後の序盤情勢を予想します。
2016年東京都知事選候補者一覧と政策
都知事選の立候補者と各候補者のプロフィール、政策をまとめました。
2016都知事選最新情勢-予想第1弾
7/31投開票予定で行われる東京都知事選。本日小池百合子氏が出馬会見を行いました。自民党の推薦を得ることは難しいと考えた上での強行出馬ということで、自民党の分裂選挙になる可能性が出てきています。