2019参院選 近畿ブロック当落予想

2019参院選 近畿ブロック当落予想

2019参院選近畿ブロックの当落予想です。

 

前回はおおさか維新の会の力が強かったが、最近は衰退気味か。

 

おおさか維新が議席を守れるか、それとも自民や立憲民主が議席を伸ばすかに注目。

 

 

滋賀(定数1)

 

前々回は自民党の二之湯武史氏がダブルスコアに近い差で圧勝。

 

前回はそれよりは僅差になったが、それでも自民党が勝利した。

 

 

自民党は今回現職の二之湯氏が再び出馬予定。

 

対して野党側は立憲民主党が田島一成氏、国民民主党が嘉田由紀子氏、共産党が佐藤耕平氏を擁立予定と分裂していたが、最終的に嘉田由紀子氏で一本化。

 

元知事の嘉田氏は知名度もある候補だが、自民党の二之湯氏が僅差で勝利すると予想。

 

 

当選予想

 

自民党:二之湯武史

 

 

京都(定数2)

 

2013年は自民党と共産党、2016年は自民党と民進党が勝利した。

 

今回自民党は現職の西田昌司氏が出馬予定。

 

立憲民主党は新人の増原裕子氏、共産党が現職の倉林明子氏が出馬予定。

 

 

自民党の西田氏の当選は濃厚で、残り1議席を野党で争うことになる。

 

基礎票から考えると立憲民主党が有利だが、共産党も現職なので引けないだろう。

 

 

昇り調子の立憲民主党と近年票を落としている共産党という構図で考えると、増原氏が有利かと思われる。

 

 

当選予想

 

自民党:西田昌司
立憲民主党:増原裕子

 

 

大阪(定数4)

 

2013年は維新、自民、公明、共産という順位だったが、2016年は自民、維新、公明、維新という順位となり維新が2議席を勝ち取った。

 

しかし衆院選では比例票で自民>維新となったこともあり、今回自民は強気の二人擁立姿勢を見せている。

 

現職の柳本顕氏に加え、元府知事の太田房江氏を擁立予定。

 

しかし柳本氏は府知事選に出馬したが維新に負けて大阪自民の党勢も衰えた。

 

出馬は太田氏の一人に絞られるが、太田氏一人通すのもやっとという状況だろう。

 

 

対する維新は現職の東徹氏が出馬予定であり、二人目に梅村みずほ氏を擁立。

 

公明党は現職の杉久武氏を擁立予定。公明党は確実に通してくるだろう。

 

 

共産党は現職の辰巳孝太郎氏、立憲民主党は新人の亀石倫子氏、国民民主党はにしゃんた氏を擁立予定。

 

候補者が乱立して予想が難しい状況になっている。

 

 

当選が確実なのは維新の東氏と公明党の杉久氏のみ。

 

残り2枠は太田氏、亀石氏、梅村氏の争いになるか。

 

現状では太田氏と梅村氏の当選を予想する。

 

 

当選予想

 

自民党:太田房江
公明党:杉久武
日本維新の会:東徹
日本維新の会:梅村みずほ

 

 

兵庫(定数3)

 

定数2だった2013年は自民と維新。

 

定数が3に増えた2013年は自民、維新に加え公明が当選圏内に入ってきた。

 

 

今回は自民党が加田裕之氏、公明党が高橋光男氏を擁立予定。

 

与党はこの二人をきっちり通してくるだろう。

 

 

残りの1枠は維新現職の清水貴之氏と立憲民主党の安田真理氏が争うことになりそう。

 

前回は民進党に勝利した維新だが、今回は立憲民主党の方が有利か。

 

共産党は金田峰生氏を擁立予定だが、立憲民主、維新の上に行くのは厳しいと思われる。

 

 

当選予想

 

自民党:加田裕之
公明党:高橋光男
立憲民主党:安田真理

 

 

奈良(定数1)

 

2013年は自民が圧勝。2016年も差を詰められたが自民党が勝利した。

 

今回自民党は現職の堀井厳氏を擁立予定。

 

対して野党側は無所属の西田一美氏が統一候補になった。

 

 

しかし候補者擁立が遅れたこともあり、現職の堀井氏には勝てないだろう。

 

 

当選予想

 

自民党:堀井厳

 

 

和歌山(定数1)

 

2013年、2016年と自民党が圧勝している。

 

近畿でもっとも野党にチャンスのない県と言っていいだろう。

 

自民党は現職で実力者の世耕弘成氏が出馬予定。

 

 

野党側は無所属で藤井幹雄氏が統一候補になったが勝負にならないだろう。

 

 

当選予想

 

自民党:世耕弘成

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2019年参院選での改憲必要議席のボーダー考察
2019年参院選。新たな元号、令和にて行われる最初の国政選挙でいわゆる改憲派と呼ばれる勢力が2/3の議席を維持できるかを考察していきます。まず定数増が増えたことで、改憲ラインは164議席。そのうち非改選の改憲派議員は自民党が56議席、公明党が14議席、日本維新の会・希望の党が6議席で76議席。
2019年参院選情勢予想 まとめ
今まで地域ごとに予想してきた参院選選挙区の情勢予想まとめです。北海道3:自、自、立青森1:自岩手1:無宮城1:自秋田1:自山形1:無福島1:無
2019参院選 比例代表情勢予想
2019参院選の比例代表における各党の目安議席数予想です。前回に比べ定数が2増え、比例代表の定数は50議席となります。投票率は50%台前半と予想します。
2019参院選 九州ブロック当落予想
2019参院選九州ブロックの当落予想です。基本的に保守が強い九州。沖縄を除けば唯一接戦になりそうなのが大分。ここを与党が取るか野党が取るかが最大の注目ポイントになる。
2019参院選 中国四国ブロック当落予想
2016参院選中国四国ブロックの当落予想です。前回は自民党が完勝。今回は前回接戦に持ち込んだ愛媛で野党が勝てるかどうかが注目か。
2019参院選 東海ブロック当落予想
2019参院選東海ブロックの当落予想です。前回野党が勝った三重が注目区。また愛知も野党の力が強く、愛知の4議席目争いも注目される。
2019参院選 北陸甲信越ブロック当落予想
2019参院選北陸甲信越ブロックの予想です。北陸3県は与党有利だが、長野と新潟は前回野党が制した。前回野党が制した2県は今回も接戦が予想される。
2019参院選 南関東ブロック当落予想
2019年参院選南関東ブロックの予想です。人口が多く複数区が多い南関東。複数区の最後の一枠争いに注目。
2019参院選 北関東ブロック当落予想
2019年参院選の予想です。本日は北関東ブロックの予想。自民党が強い地域で北関東は全ての県で自民党が議席を獲得するだろう。野党は複数区で議席を拾うことが目標になる。定数増で4議席になる埼玉、そして自民党が2人擁立する可能性もある茨城に注目か。
2019参院選 北海道東北ブロック当落予想
2019年参院選の予想です。まずは北海道・東北ブロックから。赤の大地と言われる北海道は前回民進党が上手い票割りを見せて2議席を獲得。自民党は得票数では民進党を上回るものの、票割りに失敗して1議席に終わった。