2016年都知事選 マスコミの序盤情勢

2016年都知事選 マスコミの序盤情勢

東京都知事選の序盤情勢が報道されましたのでまとめておきます。

 

 

共同通信 都知事選、小池氏と鳥越氏が競る 増田氏追走、序盤情勢調査

 

http://this.kiji.is/127343242197206522

 

 

フジテレビ 都知事選 3候補による混戦 9割が「関心」

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160717-00000716-fnn-soci

 

 

日経新聞 都知事選、小池氏が序盤先行 鳥越・増田氏が追う

 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H1I_X10C16A7MM8000/

 

 

共同通信は小池氏と鳥越氏が競り合い。

 

競り合いの場合は名前が最初に出ている方が若干リードというのが定説ですので、小池氏若干リードという結果が出ていることになります。

 

フジテレビでは小池氏が一歩リードとはっきり出しています。

 

 

日経はもっと強く出しており、小池氏が先行と出しています。

 

ちなみに日経は北海道五区補選の序盤情勢でも唯一最終結果と一致した結果を出しています。

 

http://hajimetesenkyo.com/category2/entry49.html

 

 

この三つの結果を合わせますと、小池氏が5ポイントから10ポイント程度リードしており、鳥越氏が続く、その後を増田氏が追う序盤情勢と見て間違いないでしょう。

 

 

今後の情勢

 

4割ほどが投票先をまだ決めていないということですので、情勢は流動的です。

 

ただ小池氏の陣営にとって今回のリードしているという情報は心強いでしょう。

 

 

増田氏を支持していた自民支持層も勝ち馬に乗るために小池氏に流れることも期待できるかもしれません。

 

また鳥越氏との争いでは政策勝負に持ち込めば分があるわけですから、現在鳥越氏に流れている無党派層を取り込む余地もあります。

 

 

自民支持層に対しては「増田氏が遅れていて小池氏と鳥越氏と接戦だから自民党が勝つために小池氏に」とアピールしていけばいい。

 

無党派層に対しては政策の勝負に持ち込んで「冷静に考えて政策も大して無いし前日に思い立って決めた76歳の著名人候補に五輪前の大事な都政を任せるのってどうなのよ」と都民にアピールできたらしめたもの。

 

二方面でアピール作戦を展開できる土壌が整いましたので、かなり戦いやすくなったことは間違いありません。

 

 

鳥越氏陣営としてはとにかく無党派を取り込む戦略で逆転を狙うことになるでしょう。

 

参院選である程度成果を出した野党共闘を前面に打ち出して、接戦を制すという作戦になります。

 

実際に参院選では接戦の一人区をいくつも取りましたから、土壇場での力を参院選でも発揮できれば逆転のチャンスは十分あるでしょう。

 

 

増田氏としてはとにかく組織票を固めていくしかない。

 

しかし組織に属さない自公支持層の票が小池氏に流れている現状を見るとやや厳しい戦いになったか。

 

組織だけではないということをしっかり一般有権者に訴えていく戦略が必要になります。

 

 

 
選挙・政治関連のオススメブログです

 

 

関連ページ

2016年新潟県知事選の情勢と予想
10月16日に投開票が予定されている新潟県知事選の情勢と予想です。まずはこれまでの経緯をまとめますと、2012年の新潟県知事選では現職の泉田裕彦氏が自民・民主・公明・社民・生活と主要政党から推薦を受け、共産党推薦の樋渡士自夫氏、無所属のマック赤坂氏を破って3選。
2016年東京都知事選終盤情勢-最新情勢調査
都知事選の中盤情勢が各紙マスコミで発表されました。小池氏が以前リードを保っており、増田氏が鳥越氏を抜いて二位に浮上しているのが各紙の共通した特徴と言えます。
2016都知事選最新情勢-予想第2弾
いよいよ都知事選が公示されました。今回はこれまでで最多の21人が立候補を届け出ました。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏の3氏を軸に選挙戦が展開されると見られています。本日は公示後の序盤情勢を予想します。
2016年東京都知事選候補者一覧と政策
都知事選の立候補者と各候補者のプロフィール、政策をまとめました。
2016都知事選最新情勢-予想第1弾
7/31投開票予定で行われる東京都知事選。本日小池百合子氏が出馬会見を行いました。自民党の推薦を得ることは難しいと考えた上での強行出馬ということで、自民党の分裂選挙になる可能性が出てきています。